ルーズリーフ

公私におよぶ経験値獲得履歴的ななにか。

NURO光な戸建ネット環境を見直してPS4とnasneがサクサクに!

新居への引越しを機に、ネットワーク回線およびその周辺機材を見直しました。
その結果、中継機を介して有線LAN接続しているPS4が(時間帯にもよるが) 下り 700〜800Mbps までは軽々出たことを確認。
混んでいそうな時間帯でも 下り 150〜300Mbps ほど。
機材リプレイス前が 下り 70〜80Mbps だったのでそれと比較してどんなに悪くても2倍にはなりました。
やりたかったこととぴったりな回答が記載されているサイトがなかったので、備忘録がてら記録。

◯発生した問題

  • せっかく回線をNUROにしたが、nasneがラグったり止まったり散々な感じに
  • PS4のソフトウェアアップデート等のダウンロードがめちゃくちゃ重い
続きを読む

前略 鈴木先生

今回は普段の技術系や情報発信系記事とは違う、ただ語りたかった独り言です。
ツン9デレ1と同方向の、こっぱずかしいやつなので、ほっこりしたいときにどうぞ。

さて、タイトルの「鈴木先生」が一体どなたかというと、
ずっとずーっと昔、私が制服を着て学校へ通っていたような頃のこと。
当時ハマっていた Mr.FULLSWING という週刊少年ジャンプの漫画。
その作者、鈴木信也先生のことです。

ご本人にまで届いてしまうとかなり恥ずかしいから、タイトルちょっとぼかしたけど。
どちらかと言うと、当時同じくファンだったみなさんと、当時のことを思い出しながら「ふふふ」と笑える記事になっている予定です。

現在はジャンプ+の育児コミックエッセイでまさに等身大の育児の様子を連載されているので、またより一層身近に感じますが、当時も「今週も信也の位置がやばい、打ち切りが心配だ、負けるな信也ああああ」ミスフルファンのヲタ仲間と呼び捨ての挙句ネタにして笑いあっていました。ごめんねw
まあエッセイの方も本当に(いい意味で)相変わらずご自身のあれやこれやを切り売りして血だらけになっていく感じなので、いつもとても楽しみにしています。笑
それでは、以降は時折口調を崩して当時のヲタノリで書きますのでところどころ不躾な文章になります、ご注意ください。

ちなみに我が家では、ジャンプ+のエッセイの方は「今週の鈴木信也」と呼んでいます。
用法は「”今週の鈴木信也”読んだ?読んで読んで!!」です。ぜひみなさんもご活用ください。

続きを読む

パパ育休のススメ(※ママ視点)

パパの育休取得はいいぞ!すごいぞ!

我が家は諸事情あり、主人に1ヶ月半ほど育休を取得してもらって、専業主夫生活を送っていただきました。
cerulean.hatenablog.com

私たちもいち動物なので、性染色体を要因として発生する行動・思考の差異を踏まえ、協調するよう努力している夫婦です。
専業主夫生活に入る前は本当にパパだけで9ヶ月の子どもと過ごせるのか、さすがに不安が大きかったので先に数日のパパ育トレーニングを行いました。
(パパ育トレーニングの概要は最初の記事中にあります。)

我が家のパパ育休開始時の環境と子どもの状態は下記のとおりです。

[環境]

  • 子ども0歳9か月

[子どもの状態]

  • 離乳食は順調に進んでいてアレルギーもなく1日3回食
  • 母乳は朝と寝る前だけ

この経験から、共働きする母として専業主夫を経験してくれたことによる発見と、そのメリットについてまとめます。

  1. パパも1人で育児はできる、ただし家事との両立は難しいかもしれない

  2. パパだと慣らし保育がスムーズだったかもしれない

  3. パパにだって子どもの看護を任せられる

以下項目ごとに個人的な感想文をまとめておきます。

続きを読む